バイナリーオプションの疑問

sdsdfi8r バイナリーオプションは分かりやすいルールと、簡単に行える取引で人気を集めていますが、実際に取引きを行ったり他の投資家の攻略ブログなどを見ていると、様々が疑問が出てくることもあると思います。

例えば、バイナリーオプションをリスクヘッジとして使っている、というような書き込みを見かけることがあります。
リスクヘッジ、つまりリスクを回避するためにバイナリーオプション、例えばハイローオーストラリアという業者などです、これらを使うという方法です。こうした方法は確かにあり、「分散投資」と呼ばれています。

例えば、株取引などで、一つの会社の株にすべての資産を投資して取り引きをすると、単一で状況が分かりやすく管理しやすい状況になります。
しかしながら、この会社が倒産をしてしまえば、投資していた資産を一気に失うことになります。
こうした事を鑑み、複数の会社に資産を分けて投資をすれば、たとえ一社が倒産したとしても、他の会社は生き残り利益を得つづけることができる、という考え方になります。

バイナリーオプションは、投資をする前から最大利益と最大損失が分かり、相場が大きく乱れたとしても、その利益にも損失にも影響がないことから、他の投資取引のリスクヘッジ先として選ばれることが多いのです。

この分散投資は、リスクを回避しやすくなり、投資に対しての心理的なプレッシャーを軽減させる働きがあり、非常に有効な手段ではあるのですが、投資先を分散させて増やしているために、それぞれの管理を個別にしなくてはならず、大変な労力がかかってしまいます。
また、取引きが分散していることにより、利益を集中して大きく上げることができず、資産全体の運用としては、ローリスクローリターンになる事は否めません。

こうした運用法は、資産が大きくなった時には有効ですが、小回りが利く場合は管理の苦労ばかりが掛かって利が少なるため、避けた方がいいでしょう。

また、バイナリーオプションは相場の変動を予測して投資を行っていくのですが、この予測判断として、「気配値」というものが用いられることがあり、これを参考に取引きを行う投資家も多くいます。

気配値とは、売り手の希望する売値と、買い手の希望する買値を、それぞれに示した値の事で、市場で取り引きをされる取引きのレートに近い数値になる事から、これをチェックすることで予測を行う場合もあります。

この気配値は、あくまで参考の一つにするべきです。相場の予測は非常に難しく、短期間のレート変動の分析に特化した「テクニカル分析」であっても、それを完全にとらえることはできません。

もし気配値を参考に取引きを行うのであれば、その他にも複数のテクニカル分析を取り入れ、多角的に判断をしていく必要があるのです。

このようにして相場予測をしていく投資取引がバイナリーオプションになりますが、多くの場合は通貨を銘柄にし、その取引ルールは「今現在の通貨の価格が、一定時間後に、決められた価格よりも上になっているか、下になっているか」に対して予測をし投資をしていくものになっています。
この予測が当たれば、あらかじめ定められている配当金が利益として受け取れ、予測が外れれば、投資した資金を全額失う仕組みです。

つまり、二者択一のどちらかを選んで投資を行って利益を得ていくのですが、万が一、この通貨の価格、つまり為替レートが、決められた価格と全く一緒になった場合には、判定はどうなるのでしょうか。

現在のバイナリーオプションのルールでは、決められた価格と為替レートの価格が同じ値で取引期間が満了になった場合は、引き分けという事になり、投資した金額が戻ってくる仕組みになっています。

実はこれは2013年に布かれた規制によって定められたことで、それ以前のバイナリーオプションでは、決められた価格の近辺に「レンジ外」という価格の幅が存在し、そこより上の価格を上判定、そこよりも下の価格を下判定としていました。

では、このレンジ外の幅内に収まってしまった場合の投資金の扱いはどうなっていたのか、という疑問が出てきますが、じつはこの幅内に為替レートが収まって終了してしまった場合には、バイナリーオプション取引業者が全ての投資金を総取りするという仕組みになっていたのです。

こうした事や、わずか十数分から数分で取引満了時間が来て繰り返しの取引きを行えることが、投機やギャンブルに近いということになり、国内のバイナリーオプションには規制がかかり、今では最短でも2時間投資時間が設定されたり、支払いの配当金も定額制になったりと、2013年を境にバイナリーオプションは、がらりとその有り様を変え、現在では、初心者の投資家にもやさしく親しみやすい投資取引となっているのです。

詐欺の心配無し

サッカー観戦が趣味ならば、スポーツギャンブルである「ブックメイカー」に挑戦してみることをオススメします。ただでさえ手に汗握るスポーツ観戦が、ますますスリリングなものになりますよ。

オススメのブックメーカーはイギリスのウィリアム・ヒルです。ロンドン証券取引所に上場している大企業ですので詐欺の心配はまったくありませんし、サイトが日本語に対応しているのも安心です。サッカーを対象にしたギャンブルといえば、日本にもtotoやBIGがありますが、これらは数試合の結果を当てる必要がある、大変難易度の高いものです。

しかし、ウィリアム・ヒルなら1試合ごとにベッティングできますので、贔屓のチームに応援票を投じるような気分で遊ぶことができます。応援にますます身が入ること請け合いですから、サッカーファンなら是非お試し下さい。