FXにおける「ナンピン」という手法

sdsdfi8r FXは通貨を銘柄にして、外国為替市場の為替相場を舞台に取引きを行っていきますが、このような相場を相手にした取引手法の中に、「ナンピン」というものがあります。
このナンピンの歴史は古く、江戸時代の子相場の頃から用いられていたという話もあり、「難を平らにする」という事からナンピンと呼ばれているとも言われています。

ナンピンは、基本的にはリスクを軽減させるために行われる手法で、いわば防御系の取引手法になります。
簡単に仕組みを説明すると、通貨を保持している最中に為替レートが変動し評価損益が含み損に回った時、保持している通貨と同じ数量の通貨を更に注文して保持することで、その平均取得額と損益分岐点を変動させる効果が期待できるのです。

例えば、1ドル100円の為替相場があったとして、100万円で1万ドルを買ったとします。
この時点においての1ドルの平均取得額は、100円になります。
この後に為替レートが変動して損失方向に動き、1ドル90円になったとします。これにより、買っていた1万ドルの通貨価値も下がり90万円になってしまい、決済注文を入れてしまえば差し引きで10万円のマイナスになってしまいます。
この損失を取り戻すためには、為替レートが1ドル100円に戻らなくてはなりません。

こういう状況下でナンピンは用いられます。ナンピンではここからさらに1万ドルを買い増ししていきます。
1万ドルを90万円で買って買い増しをしますので、これにより保持中のドルは2万ドル、取得するために使った金額は190万円になります。
この時点で、1ドルの平均取得額は95円になり、損失を埋めるためには為替レートが95円に変動すればいいことになます。
もちろん、損益分岐点も押し戻されるために、為替レートが100円に戻れば、5円の利益を見込むことができます。

更にレートが80円になったとしても、同じようにまた1万ドルを買い増ししていけば、平均取得額は90円になります。
このように、為替レートが下がった場合に、最初に保持していた通貨量と同じ分だけ買い増しをしていけば、値戻しの割合を少なくすることができるのです。

一見すると、非常に有効な手法と思われるナンピンですが、大きなデメリットを内在させています。

まずは、コストが大幅にかかることです。元の保持していた通貨量と同じ通貨量を買い増していく為にその分のコストがかさむのです。
例えば先の例では、最終的に270万円もの投資をすることになり、これでは資産がいくらあってもリスクを回避し続けるのは難しいでしょう。

また、FX取引業者からの「ロスカット」の問題もあります。取引業者は、顧客の資産に損害を与えないために、預けている証拠金に対しての保持通貨の評価損の割合に応じて、決済注文を強制的に行い、損失を含んでいる保持通貨を解消して損失を確定させるロスカットという仕組みを発動させることがあります。
ナンピンでは、損失に合わせて通貨を買い増すため、このロスカットに遭う可能性を非常に高めます。

こうした事から、ナンピンを使って損失を一時的に回避する方法はあまりお勧めできません。
為替レートが損失方向に動いたからといって、次の瞬間から値を戻していくという事に確証はありません。そのまま損失の方向に動き続け、停滞することもあるのです。

投資取引の目的は、自分の資産を増やすことにあります。一回の取引きの損失を減らし、利益を最大に引き出すという事に努力は必要です。

しかし、リスクそのものを回避しようとする行動には無理が出てきてしまいます。利益を望もうとすれば、そこにリスクは必ず付きまといますし、これを回避しようとすればより大きなリスクと向き合わなくてはならず、その典型がこのナンピンになるでしょう。

リスクは回避せず、最小限に抑えて取り込んでしまうことが最適です。最小限に抑えて資産を長く使うことができれば、それだけ投資取引のチャンスが増え、大きな利益に恵まれる機会も多くなり、結果として資産を増やしていくことができるのです。

詐欺の心配無し

サッカー観戦が趣味ならば、スポーツギャンブルである「ブックメイカー」に挑戦してみることをオススメします。ただでさえ手に汗握るスポーツ観戦が、ますますスリリングなものになりますよ。

オススメのブックメーカーはイギリスのウィリアム・ヒルです。ロンドン証券取引所に上場している大企業ですので詐欺の心配はまったくありませんし、サイトが日本語に対応しているのも安心です。サッカーを対象にしたギャンブルといえば、日本にもtotoやBIGがありますが、これらは数試合の結果を当てる必要がある、大変難易度の高いものです。

しかし、ウィリアム・ヒルなら1試合ごとにベッティングできますので、贔屓のチームに応援票を投じるような気分で遊ぶことができます。応援にますます身が入ること請け合いですから、サッカーファンなら是非お試し下さい。